Ryo's Diary

日々の中でふと気になったことや感じたことを忘れないうちに書いていきます。主なテーマは仕事、読書、映画、吃音など。

アンガーマネジメント

○×まんがでスッキリわかる もう怒らない本

 

昨日買って読んだ本。子供の頃から怒りの感情に振り回されていました。普段から我慢することばかりでストレスを溜め込み、あるとき抱えきれなくなって爆発してしまう。人目を憚らず叫び散らしたり、物に強く当たり壊してしまうことが今でもあります。

 

「怒りは人生を壊すことができる唯一の感情である」と本に書いてありました。思い返すと、子供の頃から学校で傷害事件を起こしたり友人に酷い暴言を吐いて関係を壊してしまうことが少なくありませんでした。

 

高校生になった頃からは「もう怒りの感情で誰かを傷付けたり大切なものを壊したくない」と気にするあまり、自分を出せなくなってしまいました。そのせいで周りに誤解されたりすれ違いが重なって更にストレスを抱えていました。

 

大人になった今でも自分を出さず我慢ばかりしていますが、仲良くなった人にはつい甘えてしまい感情をぶつけてしまうことがあります。それは悪いことではないかもしれないけど、やり方を変えないと今のままでは誰かと長く付き合い続けることが出来ません。

 

アンガーマネジメントの本を読むことで怒りが沸く仕組みや対処法を学んだり、正しい知識を得ることができました。例えば、「相手を攻撃して怒ることでストレス発散になる、スッキリするというのは間違い」「愚痴は言えば言うほど忘れられなくなる。小さな怒りがやがて怨恨のようなものに成長する」などは反対だと勘違いしていました。

 

今までの失敗経験から人と関わることが怖くて今でも距離を取ってしまいがちですが、怒りの感情と上手く付き合ってより良い人間関係を築けるようにしたいです。