Ryo's Diary

日々の中でふと気になったことや感じたことを忘れないうちに書いていきます。主なテーマは仕事、読書、映画、吃音など。

言友会に参加する目的

過去のFacebookを遡って見ていると、言友会に入った当初は吃音を中心にしか物事を考えることができていなかったことがよくわかります。それでも吃音活動には今と比べ物にならないほど情熱的で、長々と言友会について書いていたノートを見つけたので貼っときます。

 

2014年5月15日0:18 .
『言友会に参加する目的』
最近身近な人から言友会に参加することを反対されるようになりました。そこで僕がどういった目的で言友会に参加しているかを書いていきます。

 

言友会とは吃音(どもり)と呼ばれる言語障害を持つ人達が集まるセルフヘルプグループで、この会に参加している人達の当初の目的は「吃音を直したい、悩みを共有できる仲間がほしい、情報交換のため」など様々です。僕が言友会に入ったのは「同じ悩みを持つ人達と話がしてみたい」という理由からでした。

 

言友会に参加してから吃音観は大きく変わり様々な経験をすることができました。まず人前でどもることに以前ほど抵抗がなくなったこと。飲食店や電話対応から逃げることもなくなりました。これは他の人がどもりながら話す姿を客観的に見ることで自分が思っていたよりかっこ悪いものではないと気付けたからです。

 

一番の変化は"どもることで悩んでもいい"と思えるようになりました。以前はこの程度のことで悩んでる自分が情けないと思っていて誰にも相談出来なかったけど、今は堂々と吃音のことやそれで悩んでることを打ち明けることができます。

 

健常者からは「悩みは自分一人で抱えるもので誰にも打ち明けるものではない、慰めて欲しくて甘えてるだけ」と指摘されることもあります。そういう考え方の人もいるかもしれませんが僕は悩みがあったり辛い時は誰かに相談したり吐き出してもいいと思っています。特に吃音という目に見えない障害は自分から悩んでることを伝えないと周りからなかなか理解してもらえないから。また吃音がどれだけ辛い障害かを皆にわかってほしくて伝えていることもあります。

 

「悩みが軽くなったなら言友会を退会するべき。いつまでも慰め合って何になる」という声も見られますが言友会は単に吃音のある人達が日々の愚痴や悩みを打ち明けて慰めあってる団体ではありません。最初は悩んでいても今では吃音がある自分を受け入れて前向きに日々を過ごしている人達もたくさんいます。

 

それでもやはり悩んでる人達はたくさんいて毎月のように新しい人が言友会の門をたたきます。そういう人達に自分の体験談や経験から対処法を話したり、ときには自らが生き方のモデルとなってその人の進むべき道を教えてあげることもできます。

 

また吃音当事者以外にも、吃音がある子どもを持つ保護者に自分の学生時代の体験談を話し「あのとき親にはこうしてほしかった」など伝えたり、言語聴覚士の養成校に行き吃音者はどのようなことで悩んでるか、どういう対応をしてほしいかなどの要望も伝えています。一般の人向けには吃音という障害があることを街中でパンフレットを配るなどして認知度を広める活動もしています。

 

「言友会のなかでは話せても退会して自立しないと一般の社会では話せないのではないか」ということも言われますが、例えば僕は昨年の忘年会の幹事を担当させて頂いたり先月は花見&BBQの担当もして、普段の生活ではなかなか出来ないことなのでこういう経験が一般の社会に出ても役に立つと思います。

 

また例会では苦手な状況に合わせた訓練などもしていて、そこで練習することで本番でのハードルを下げることができます。そうなると言友会で練習しないと本番に行けないんじゃないかと思われますが、それは成功体験を増やすことで予期不安も少なくなりいずれは言友会に頼ることなく本番に向かえるようになります。

 

「いずれは吃音を全く気にせず生活できるようにするべき」という人もいますが吃音は現状では治療法もなく一生付き合っていくことになります。症状がひどいときは仲のいい人の前でも全く話せなくなるし仕事でも役に立てないこともあります。そういうときに全く気にするなというのも正直無理だと思います。こうやって無理だと決めつけているところが健常者から批判されるかもしれませんが、自分がどれだけ話したくても言葉が出てこなくて相手に迷惑をかけたり伝えたいことが伝えられなかったらやっぱり落ち込みます。

 

「学会など何のために参加する?出来ないことを何でも障害のせいにして言い訳してるだけではないのか」という意見。確かにそういうところもあるかもしれません。吃音と発達障害は密接に関係してると聞くと自分もそうなのかと思い込み「自分は発達障害なのだからできないのは仕方ないや」と開き直ることもたまにあります。

 

ただ決して自分に何でも障害を当てはめて言い訳にしたいがために勉強してるわけではなく、もし本当にそういう傾向があるならどういう対処法があるかを知りたい。もし幼い頃から感じていた生きづらさに原因があったのだとしたらそれを調べて、現在同じことで悩んでるこどもたちの力になりたいという気持ちもあります。

 

僕は言友会に入って救われました。吃音で人生を狂わされたくらいに考えていたのに、言友会の皆と出会えたことで性格も明るくなり毎日そこそこ楽しく過ごしています。だから言友会はもう退会して自立するべきと言われ寂しくなりました。お互い相手の気持ちがよくわからず誤解してるところもあると思いますが、この記事を見て少しでも僕の気持ちが伝わってくれればいいなと思っています。

 

※少し表現で気になるところは書き換えました。