読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ryo's Diary

日々の中でふと気になったことや感じたことを忘れないうちに書いていきます。主なテーマは仕事、読書、映画、吃音など。

運命を変えたいなら…。

昨夜グッスリ眠れたおかげで今朝は7時前に目が覚めた。コンビニでパンとコーヒーを買い、公園のベンチでのんびりと食べる。休日の早朝は音楽を聴きながら家の周りを散歩することで不思議と高揚感が沸き起こってくるので、少し遠回りをして帰宅するのはいつも一時間近く経ってからだ。

 

今日は保育園や小学校、大きな池などを新たに見つけた。普段の生活では目的地に最短のルートで向かい、また同じルートを辿って帰ってくるだけなのでこんなに近くにあるものでさえ全然気付かなかった。あるいは目に見えているはずなのに、考え事をしていたりで意識にまでのぼらなかったのかもしれない。

 

本題に入るが、昨日自律神経専門家の方の話を聞くことができた。色々な話をされていたが、特に印象に残っているのは「成長曲線」と「リセット」という内容だ。

 

まずは「成長曲線」の話。多くの人は努力した時間と比例して成果が現れてくると思っている。しかし実際には、努力に比べて成長はとても緩やか(下図)。多くの人はそのギャップに耐えられなくて努力をやめてしまう。でも、緩やかに昇っていたものが努力を続けることでいつしか急に突き抜ける。


f:id:ichigeki1011:20161127221930j:image

 

自分なりに努力を続けているのに結果が出ないと「才能ないのかな…」と諦めてしまうことがよくあったけど、この話を聞いてまだまだ色んなことを諦めず続けてみようという気持ちにさせてもらえた。

 

次は「リセット」という話。人は過去の嫌な経験を思い出してストレスを感じたり、未来に起こりうる嫌な出来事を考えて不安になる。だから、そういう思考をリセットして現在目の前で起こっていることに集中しようという内容である。

 

方法は腹式呼吸をしながら五感を働かせて、目に見えているものや聞こえていることなどに意識を向けるというもの。実際に行ってみると、確かに目の前のことだけに集中することができた。

 

私の場合、仕事で単純作業をしているときや深夜まで眠れないときに腹が立つことを思い出し、風邪を引いたときや朝目覚めたばかりのときは前日の自分の行いやこれから起こることに対する不安に襲われることがある。そういう不安定なときに試してみたい。

 

最後に、マザー・テレサの名言を紹介していただいたのが心に響いた。

 

「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」

 

他人を傷付ける発言をする人が嫌いで、平気でそういう発言をしている人を軽蔑するような目で見ていた。でもよく考えれば、言葉には出さないものの私も頭の中では同じようなことを考えていたことに気付かせてもらえた。

 

自制心というブレーキが効かなくなったとき、今の思考を全てぶちまけたら取り返しのつかないことになってしまうから、そういう運命から逃れるためにも思考を変えることってとても大切だと教えてもらえた。

 

思考を変える方法については、個人的に勉強している認知行動療法が効果的だと思うのでまた時間があるときに書いていきたい。