読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ryo's Diary

日々の中でふと気になったことや感じたことを忘れないうちに書いていきます。主なテーマは仕事、読書、映画、吃音など。

懐かしい記事

以前書いていたブログを数年ぶりに見てみたら懐かしい記事を見つけました。この頃は毎日のように悩んでいて考え方も幼く不安定だったけど、それでも何とか前向きに生きようと藻掻いていました。

 

【2011年4月14日 mixiより】

これはついさっき実際にあった話です。


今日は空手の練習の日だったけど昼から友人と遊んでいました。


家に帰る頃にはもう練習が始まる時間…


自転車や徒歩で歩き回って疲れたので練習を休むと正直にメールを送りました。


すると返信が…


「お前はもう練習に来なくていい」


この返信を見たとき正直腹が立ちました。


こっちは毎日バイトと練習で遊ぶ暇がないから一日くらい休んでもいいだろと。


そして僕からメールを送信。


「わかりました。せっかく練習してきたのに大会に出れないのは残念ですけど、良い経験になりました。今までありがとうございました。」


このメールを送った時、僕はもうこれで空手をやめることになると思ってました。


その後先生から着信があったけど出ませんでした。


すると先生からメールが…


「お前は勘違いしてる。
俺がどんな思いで皆より早く体育館に行って場所を取ってると思ってるんだ。
ふざけたメール送りやがって…体調が悪いとかバイト入ったとか言えないのか?
とりあえず電話しろ!
前の道場みたいにメールだけでやめるつもりか!?
待ってるからな!!」


そして僕から電話をかけ10分ほど話しました。


「お前は俺が練習休んだことに対して怒ってるとでも思ってるのか?

皆仕事が大変でも練習来てるのに遊び疲れたなんて理由は俺たちを馬鹿にしてる!

理由なんて嘘でもいい、誰もつっこまないから。

ストレートすぎるんだよ、そういうのも勉強だぞ。

それに俺はお前を強くするって決めたんだ!

毎週お前を体育館まで送り迎えしてたのも、単に雨や雪が降ってるからじゃない。

お前が空手好きで頑張ってるのを知ってるから、少しでも応援したいんだ!!

お前だって自分で体育館行ってウェイトしてるのは空手が好きだからだろ?

お前から空手を取ったらただの貧乏なフリーターだぞ。

練習でキツイこと言うこともあるけど、それはお前に期待してるからだ。

俺以外にも皆がお前を応援してくれてる。


それなのに急にやめるなんて言ったらみんな悲しむだろ…


だからもう空手やめるなんて二度と言うんじゃねーぞ!!」


僕のためにここまで言ってくれるとは思わなかった…


いつも怒られてばかりだけど、それだけ期待してくれてたんだ…


それなのに簡単にやめるなんて僕が馬鹿だった。


今まで嫌なことがあったらすぐやめてきたけど、今回は違う。


あの先生でなければ空手なんて今頃とっくにやめてると思う。


今は空手もたいして成績出してないただのフリーターだけど、いつかあの人のような空手の先生になるのが僕の夢です。

--------------------------------------------------------------------------

5年前だとまだ19歳ですね。仕事も勉強(このときは自宅浪人しながら大学進学を目指していた)も上手くいかず、唯一継続して頑張れていたのが空手でした。

 

自暴自棄になり何かを壊したかったのか、辛いことを訴えたかったのか…。色んなことを我慢してばかりで素直にSOSを伝えることができなかった。

 

当時の先生には稽古に行くたびに怒鳴られて顔を思い出すたびに腹を立ててたけど、今となってはそうやってお尻を叩いてくれる人がいたから頑張れてたんだなとよくわかります。

 

「師弟愛」と名付けられたこの記事。自分もこの人のように熱くて思いやりのある人間でいたいと思っています。