Ryo's Diary

日々の中でふと気になったことや感じたことを忘れないうちに書いていきます。主なテーマは仕事、読書、映画、吃音など。

訓練初日

3/3(火)投稿


職業訓練初日終了。選考試験の時から感じていたが、講師の方々はIT業界で就職することの厳しさを脅すように伝えていた。コロナウイルスの影響もあり求人を出さない企業が増えているとのこと。

 

自己紹介では3×3のマスが書かれた用紙を使い、真ん中にニックネーム、その周り8マスに自分が興味のあることを書き、2人ペアになって2分交代で質問し合った。2分は少なく感じたので3分は欲しいと感じた。

 

今後の学習の進め方についてアクティブラーニング演習。先生が最初に提示した時間までに完成しないと「では時間になったので発表を始めます。誰もまだなのでもう少し時間をくださいって言わなかったよね」と期限を決めて作業すること、間に合わなければ相談することを社会人のルールとして説明していた。

 

自分たちの班では最年長のHが率先して全体を引っ張ってくれていた。発言力もあるが、謙遜なのか「自分は出来ないタイプ」と言っている。任せきりにしていたら「手伝って」と言われてしまった。やはり最初は様子見で受け身になってしまったので、今後は積極的に発言してチャットも活用して存在感を示していく。

 

グループ発表ではやはり説明するのが下手だと実感した。プレゼンの練習をしていきたい。

 

☆質問するときは1から丸投げではなく、どこまで理解できていてどこが分からないか説明して質問する。

オーバーワーク

年が明けた辺りから「バイトに行きたくないな」と思い始めるようになった。とはいえ、生活費を稼ぐために辞められないので続けていた。

 

真冬の寒さ、連日の睡眠不足、やることに追われているプレッシャー、時間を思い通りに使うことができないことに対するストレス。気持ち的にはまだ大丈夫だと思っていたが、身体の方が先に悲鳴をあげてしまい、夜になっても寝付けない日が続いていた。

 

1月末頃、睡眠時間が1時間しか取れない日があり頭痛もあったため仕事を休んで精神科を受診した。「最近寝付けない日が続き、何事も意欲がわかないんですけど、僕はうつですか」と聞いたら「それは誰が見てもオーバーワークだよ」と忠告された。

 

夢や目標を持って生きている人はハングリー精神が必要だと思い、このくらいで音をあげちゃダメだと弱音を吐かないようにしてきた。確かに無理をしていたのかもしれない。第3者から指摘されることでようやく気づくことができた。

 

「人生は長いんだから、そんなに急がなくてもいいんじゃない」とも言われた。実際に体の不調が出たこともあり、収入の低い福祉の仕事を辞めて、バイトをしなくてもいい会社に転職するという決意をすることができた。

 

やりたいことはたくさんある。結果を出したいと焦る気持ちはあるけど、コツコツ、長距離レースだと思って少しずつ進んでいこう。

真面目に考え過ぎ?

コミュニケーションについて。

物事を深く考え過ぎているのではと思うときがある。

 

例えば飲み会で「休日は何をしてますか」と質問されたとする。

その日によってすることは異なるので、まずはここ数週間の休日の過ごし方を振り返ることから始まる。先週は映画を観たから「映画を観てます」と答えようかと一瞬よぎるけど、たまたまその日は観てただけで頻度としては2ヶ月に1回程度だから違うなとなる。

 

じゃあ頻度として多いもの=習慣化していることは何だろうと考えると、ジムに行くことが思い浮かぶ。そこで「ジムで運動しています」が一番近いかと思いきや、よく考えればジムは平日の仕事終わりに行くことが多いので休日の過ごし方としては当てはまらないのではという疑問が浮かぶ。

 

そうこう考えている間に10秒、20秒と時間が過ぎていき流石にこれ以上待たせられないと思って「ジムで運動してます」と苦し紛れに答えてしまう。「本当は平日に行ってるんだけどな」という、嘘をついたことに対する罪悪感のようなものが芽生え、これ以上嘘は重ねられないという思いからその話題を引き伸ばさず早めに終わらせようとしてしまう。結局、相手の質問に対して1問1答の形になり話が盛り上がらないことがしばしばある。

 

でも冷静に俯瞰して考えると、相手は私を研究対象として休日の過ごし方に関する正しいデータを知りたいというわけではないと思います。本来の目的は、何でもいいから会話のやりとりをすることで、単純接触効果による親密度の形成を図っているのだと推測します。あるいは発言の少ない私に対して仕切り役の方が気を遣って話を振ってくれている可能性も考えられます。だから「休日」という言葉を「プライベートの時間」という意味に置き換えて考えても特に問題ないと思います。

 

ダラダラと休日を過ごしているから答えられない部分もあると思うので、理想としては自分がどのような休日を過ごしたいかを考え計画しその通りに過ごせれば質問されても答えられるはずです。とはいえ、それがまた難しい。

 

すぐできる対策としては、飲み会でされる質問を想定して1問1答の暗記シートを作成しておくと良いと思います。面接に行く学生のような感じ。休日は何もしてなくても「自転車で旅に出てます」「この前は香嵐渓に紅葉を見に行きました」など事前に答えを用意しておくと良い。状況や相手が変われば「カフェで読書してます」と別の視点の答えを用意意してみる。小論文のように、本当は賛成だけどあえて反対側の視点から意見を述べてみるといった形。

 

明日も仕事関係の飲み会があるのでできる範囲で準備をして臨みます。

精神障害者家族会報告

T市で活動している精神障害者家族会の活動に参加してきました。
毎週水曜日に活動しており、本日は「お金の使い方」に関する勉強会を行っていました。

参加していたのは50~60代の方で約15名ほど参加していました。
勉強会では、親(自分)が亡くなった後の遺産や相続の問題、成年後見人制度のことなど家族会ならではの話題が出ていました。

例えば、子供に貯金があると伝えると「もう働かなくていいや」と思い怠けてしまうのではないかという意見もあれば、「お金のことが不安で仕方ない人もいる。貯金があると伝えることで安心させてあげられる」といった意見もあり、一つの問題に対して色々な人の意見を聞けるのは家族会の強みだと感じました。

後半に少し時間を頂いたので簡単な自己紹介をさせて頂きました。仕事のことだけでなく、私自身も吃音という障害を持っており当事者会に参加していること、吃音の2次障害として社交不安障害や適応障害、うつになる人が多いことから精神障害にも関心があること、精神保健福祉士を目指して勉強していることなど。

今回は精神障害について勉強したいというスタンスや、自身も障害があるという話から温かく迎え入れてくれる人もいましたが、「専門的な資格は持ってますか」「就労支援施設は障害者を使って金儲けしたいだけ」「ちゃんと資格を持った人でないと信用できない」「今回の勉強会は家族会のためだから資料はお渡しできない」「仕事の話をするならちゃんと専門的な資格を持った人が来て会社の理念、従業員数、実績などしっかり説明した上でないと話を聞く気になれない」など厳しい意見を言ってくださる方もいました。

僕も当事者会に参加しているので、部外者を招きたくない気持ちや「本当にこの人は障害について理解しているのか」と疑いたくなる気持ちは分かります。そう思ってしまう背景には今まで障害に対する理解が得られず傷付けられてきた過去が沢山あるのだと思います。

精神障害についてはまだまだ知識不足で経験もなく、しっかり理解して対応出来ているとは言えない現状です。当事者や家族の方に信用してもらえるような支援員になれるようしっかり勉強していきます。

 

2019/11/13

吃音セミナー報告

吃音がある経営者4名によるセミナーに参加したので報告致します。

【主催者の考え】
「吃音者は経営者に向いているのではないか?」
・吃音者は苦労している分、他人への思いやりがある。
・予期不安を常に感じているので、未来に起こるリスクへの対策ができる。

【吃音経営者のエピソード】
・新規開拓にて客先に行っても上手く話せない。
→チラシを丁寧に作ることで、話せなくてもとりあえず渡すことだけ考えた。
「話すこと以外は100%にする」

・最初に就職した職場でマニュアル通りに話すことが出来なかった。
→「小学生でも出来ることがなんでできない?」と言われクビに。
・次の職場では上手く話せない分、絵を描いて説明した。
→「わざわざ絵まで描いてくれてありがとう」と感謝された。

・職場に言葉が上手く話せない人、耳の聞こえない人がいる。
→チャットを使い始めてから発言が増えた。
「無理に話すことにこだわらなくてよい」

・経営において「人」は大事
吃音があったから皆が集まってくれたのではないか

・何事も深く考えるクセがついている。
→クリエイティブな発想から普通じゃない仕事を始めた。
(吃音経営者の職種)ペット供養、自走陸送、訪問歯科、移動販売
「自分が出来ること×世の中のニーズ=特化した仕事」

・「足るを知る」→話せないくらいどうでもいい。
咽頭ガンで話せなくなった人が、吃音者レベルに話せるようになったらすごく嬉しい」

・自分のペースに持ち込めばどもらない。
→経営者になるという選択肢もあり。

【吃音で良かったこと】
「吃音者は言葉に詰まると途中で話が遮られてしまうことがある」
そのとき自分がどういう対応をして欲しかったか?
→最後まで聞いてほしい、リアクションをとってほしい
「自分が実践したら友達がたくさんできた」
「話の内容より、ニコニコ聞いてくれるくれる人の方が好かれる」
「自分の内側にベクトルが向いているとつらい」
☆自分がしてほしかったことを皆にする。されて嫌だったことはしない。
(単純なことだけど、これを出来るかで人間関係は大きく変わると思います。)

【親との関係】
・「信頼」の対義語は「期待」
「上手く喋ってほしい」と期待されるより、「上手く話せなくても大丈夫だよ」と信頼されている方が安心できる。

・親は子供の将来を心配。
→立派に働いている姿を見せることが大切。
おすすめ本『吃音と就職:先輩から学ぶ上手に働くコツ』飯村大智

・一方で、就活が上手くいかず悩んでいる人もいる。
ポジティブな面だけを伝えるのではなく、失敗した話や辛かった経験も伝えることが大切。
※以前、発達障害の当事者会を主催している方が「発達障害の中でも正規分布がある」という話をしていました。特異な才能に恵まれた人もいれば、そうでない人もいる。成功者を引き合いに出して努力を強要したら追い詰めてしまう可能性があることを忘れないようにします。

・悩んでいる人には寄り添いが大事。
「人と話さない仕事を紹介してほしい」と相談に来る。
→本当にやりたいことを諦めているのでは?
「吃音関係なく本当にやりたいことを明確にする」

【感想】
今まで吃音当事者の方と吃音について話す機会はたくさんありましたが、仕事について深く話を聞く機会はあまりなかったのでとても興味深い話を聞くことができました。

「話すこと以外は100%にする」「自分が出来ること×世の中のニーズを考える」「足るを知る」「口頭で話すのが苦手ならチャットで伝える」「自分がしてほしいことを他人にする」など、吃音がありながらも自分に出来ることを精一杯やっているという話を聞いて僕ももっと頑張らないといけないと励まされました。

 

2019/11/23

第1回連絡会議議事録(西三河)

【ナカポツ報告】
新規利用者は年間約100名。相談件数は前年度より400件増加した。就職に向けての相談ではなく、転職を含めた定着相談や生活相談(家族、金銭、福祉サービス利用等)が増えた。企業から在職者への対応相談も多く、内容は在職している精神・発達障害者の職場での対応や知的障害者の生活に関することなど。

〈事例〉
企業から在職している『発達障害』がある社員に関して「仕事が遅い、覚えられない、ミスが多い」ということや生活に関することで相談を受けた。職員が企業に訪問して本人と面談すると、実際は『高次脳機能障害』で特に短期記憶が苦手だということだった。
→雇用側と障害者の認識を揃えて苦手なことを共有することが大切である。

ハローワーク報告】
・4月は特別支援学校の生徒が求人登録する。
・精神の方の求職者が多いが定着率が低い。
精神障害者の雇用率算定により求人が増えた。
・紹介件数が減ったが就職件数は増えた。
トヨタ自動車が初めて障害者枠で求人を出した。
→条件が厳しく支援機関も様子を見ている状況。

【あいち障害者雇用総合サポートデスク講演】
・愛知県と労働局がタッグを組み設置された。
・愛知県の障害者雇用率は1.97%で下から2番目。
・職場実習を大幅に増やした→マッチングに繋げる

・大企業が障害者雇用に力を入れると中小企業は人手不足となる。

・愛知県民の4.75%は障害者手帳を所持している。
(身体237,898人 知的54,196人 精神65,155人)

・企業から「身体障害者を雇いたい」という相談。
身体障害者は年齢層が高く、トイレの介助など生活支援も必要」と説明→拒否
☆働き盛りの精神障害者の雇用を勧める。
精神障害者の割合は25~49歳において非常に高い)

・雇用率を達成するには十分に働けるレベルではない障害者を採用しなければならない。支援機関や企業はどのように能力を伸ばしていくかが課題。

・障害種別新規求職者
(身体3,163人 知的1,690人 精神6,298人 その他544人)
※身体、知的は求職者変わらず精神は増加している。

・障害種別平均勤続年数(平成30年度)
(身体10年2ヶ月 知的7年5ヶ月 精神3年2ヶ月)

・企業から「辞めさせたい」という相談も多い。企業側に立つと辞めさせた方がメリットはある場合もあるが、支援機関としては障害者側に立ち働き続けられるように支援する姿勢が大切。

・求人の出し方について。プログラマーを雇いたくて一般枠と障害者枠に両方求人を出す場合。障害者枠側に特別な配慮がない場合は差別となる。

障害者雇用をしたいと相談を受けた場合...
なぜ雇いたいのか企業に質問。
助成金など具体的な金額を提示して説明する。
社長は採用したいが従業員は反対というケース。
→理解のない人達と働かなければならない。
〈解決案〉サテライトオフィス。本社とは別にオフィスを借りて、支援員付きで働かせる。

青年会議所で「支援機関に頼らず自分たちで問題を解決しよう」という動きが出てきた。しかし、行き過ぎた支援や間違った配慮もあるため助言が必要なケースもある。

・特別支援学校の生徒の実習先。ナカポツが対応できない場合はサポートデスクで実習先の紹介から定着支援まで対応する。

・社員の理解がない場合。ハローワークに相談すれば専門の職員を派遣して出前講座を行う。(精神・発達障害者しごとサポーター養成講座)

・求人検索。現状ハローワーク1、民間9(indeedなど)
→一般の求職者はハローワークに来なくてもいいようにシステムを変更。就職支援が必要な人に焦点を当てる。

障害者雇用の進んだ企業は利益が2倍になり利益率も30%増加している。ブラック企業障害者雇用を勧めてイメージを変えるようコンサルティングする。

YouTubeやインスタも活用する。
〈事例〉みたらし団子に黒蜜をつけてコアラの顔にする仕事。パートを募集したが集まらなかったためB型施設に委託。インスタで流行り売上が伸びて1人につき工賃5万支払っている。

・作業の切り出し、清掃、作業等は古い。テレワークなど新しい働き方を考える。

障がい者雇用サポートフェア

ハローワーク主催の障がい者雇用サポートフェアというイベントに参加しました。概要をあまり確認せず支援機関向けの勉強会や情報共有の集まりだと思って申し込んだら、実際は障害者雇用に関わる企業向けのイベントでした。

 

前半は「精神・発達障害者しごとサポーター養成講座」という内容で、障害に関する基礎的な知識を学び、実際に障害のある方とどのように接すればよいかなど具体的な事例が多く含まれた講座が行われました。

 

後半は企業の方と支援機関の職員を交えたグループトークが行われました。同じグループの企業には製造業と清掃業が多く、既に障害者を採用している企業やこれから雇用率達成のため採用を考えている企業の方々が来ていました。

 

グループトークの内容】

T化学/総務/雇用経験無し

「支援機関の方には、障害者でも出来る仕事を一緒に探して欲しい」

「仕事内容としては毎日同じ作業の繰り返し。真面目に取り組んでくれる人を採用したい」

 

A機械工業所/総務/知的2名採用 

「勉強のために参加。他企業の話を聞きたい」

「切削加工の仕事で油を使うので、車椅子を使う身体の方の採用は難しい」

「以前精神の方を採用したが、コミュニケーションに問題があり、ある日突然電話が繋がらない状況になってそのまま退職した」

 

H福祉施設/清掃業/採用実績あり

「障害者は真面目で几帳面な人が多い」

「事前に聞いていたより話しやすく、職場でも問題なくコミュニケーションを取れている」

「企業としては知らないことには手を出しづらく、コミュニケーションが苦手な人は積極的に採用できない」

 

T特例子会社/採用担当/勉強のため参加

「見学時に協調性を見極める。採用までは3ヶ月の実習期間や面接を設けるなどして長い段階を踏む」

 

N株式会社/アパートの清掃/知的14名採用

「仕事のレベル調整が難しい」

「ふざけず一生懸命やってくれる人に来て欲しい」

9:30-16-30  1チーム3-4名+指導員 (2軒/日)

 

Cセンター/就労移行支援機関(ファシリテーター

・仕事が出来る人が2人いてもし採用に困った場合、一緒に働きたいと思った方を採用してください。

・企業の方には是非トライアル雇用制度(※)を利用して頂きたい。一番のメリットは、採用後も支援機関と繋がりを保てること。特に精神の方を採用した企業から「突然体調を崩して来なくなった」という相談が多い。例えば連絡が取れない状況になったとき、支援機関側から連絡を取ったり自宅訪問をしたりなどバックアップが出来る。精神の方は6ヶ月適用できる。

・採用した障害者の仕事探しとして「業務の切り出し」というものがある。Aさんの入力業務の一部、Bさんの雑務の一部、Cさんの作業の一部...などを与えて障害があるDさんの仕事にするというやり方。

 

【まとめ】

今回参加して感じたのは、企業の方は障害者と接する機会が少なく情報が少ないこと。「障害者はコミュニケーション能力が低い」というイメージを抱いている方が多かったということです。

 

たまたま同じグループになった就労移行Cセンターは以前施設見学をさせて頂いたことがあります。その時に「精神障がい者の数は高校生の数とほぼ同じ。精神の方が仕事を辞める原因はコミュニケーション能力の問題が一番だから、ここではコミュニケーション講座を中心にプログラムを組み立てている」という話を聞き、しっかり現状を理解した上で支援していると大変参考になったことを覚えています。

 

サポートフェアが終了した後に、Cセンターの方に発達障害グレーで診断が出ない(手帳がもらえない)人の支援について相談に乗って頂きました。まず利用するには「社会不安障害」等で診断を出してもらい受給者証を申請する。最終的には中小企業に一般枠で就職させるという流れで支援を行なっているとのことでした。

 

障害福祉サービス受給者証については、自治体に確認すると、ICD-10に載っている診断名に該当すれば発行できるとのことです。例えば社会不安障害以外にも「適応障害」「強迫性障害」「パーソナリティ障害」「睡眠障害」なども当てはまります。

 

上記に該当する疑いの疾患がありながら「就労移行支援サービス」の存在を知っている人は本当に少ないと思います。対人コミュニケーションに悩みがありながら生き辛さを抱えている人は沢山いるはず。それは吃音や場面緘黙の後遺症で悩んでいる方も同じです。

 

現状では精神・発達障害と診断されて手帳がある方の利用がほとんどだけど、手帳が出るほどではないけどコミュニケーションに悩みを抱えている人達に就労移行支援サービスを知ってもらい利用してもらえるよう動いていきます。

 

(※参考)トライアル雇用のメリット・デメリット

https://www.reloclub.jp/relotimes/article/10301