Ryo's Diary

日々の中でふと気になったことや感じたことを忘れないうちに書いていきます。主なテーマは仕事、読書、映画、吃音など。

悔しさを胸に前に進む

f:id:ichigeki1011:20190227004448j:image

 

本日、僕が働いている就労支援施設に、過去にトラブルを起こして退所した元利用者さんから電話がかかってきました。僕が電話対応したのですが、自分の名前を言うときに吃音が出たら「緊張してんの?初対面で悪いけど、もう少しハッキリ喋った方がいいよ」と言われました。受け答えの仕方も気になったらしく「マニュアル通り出来なさそうな人だね」「どんな人か会ってみたいわ」と笑われてしまいました。

 

吃音に関する指摘なら幾度となく経験してきたので気にすることないと流せるのですが、受け答えの仕方を指摘されたのは悔しかったです。正直、吃音のある自分が電話対応をしているという事実に満足してしまっていて、正しい敬語の使い方や受け答えの方法を覚えるのは後回しにしていました。

 

もう吃音以外の部分で何も言わせないよう、電話対応の仕方しっかり勉強します。そのために電話対応の本も買ってきました。嫌なことがあって心がモヤモヤしているとき、本を買うことでストレス解消してしまう癖があります。(コンプレックス克服のためなので悪いことではないと思うが、出来ればネットで探して中古で買った方がよい。”今すぐ”欲しくなってしまう)

 

同じような理由で、数日前も小中学生向けのSSTの本を購入しました。今の職場はスタッフ間で雑談することが多く僕もよく輪に入れてもらいます。その中で、笑ってはいけないことで笑ってしまったり、相手を傷付けてしまう冗談を言ってしまうことがありました。

 

答えのない雑談はまだ苦手で、相手の冗談に対して僕も必死に考えて返すのですが、それが間違っていたらしくバカにしていると捉えられてしまいました。

 

「どうして雑談がこんなに苦手なんだろう」「発達障害の特性なのかな」と考えて落ち込んでいたのですが、「初めから上手い冗談を言える人はいない。失敗して相手を傷付けたりときには喧嘩しながら少しずつ覚えていくはず」と考え直し、本屋にて教員向けのコーナーからユーモアスキルやSSTに関する本を探して購入しました。

 

学生時代、人と関わることを避け続けたことで学ぶべき人間関係の基礎やソーシャルスキルが身に付けられなかったのではと考えて、小学生から学び直していきたいと思います。

 

過去、同じように意図せず相手を傷付けてしまったときは「自分の言葉は人を傷付けるんだ」と殻に閉じこもり、人と話すことを避けてしまっていました。でも今回は、失敗したけど「冗談を言うことに挑戦した」「相手に笑顔になってもらえるよう努力した」と前向きに捉えることが出来ています。こうやって少しずつコミュニケーションの仕方を学んで、いつか楽しく雑談出来る日が来ればいいなと願っています。

 

追記

これを機に、勉強の優先順位も考え直したい。毎日の業務で必要なことや全社員共通業務から出来るようにしていって、自分の強みを伸ばすための勉強は後回しにする。まずは最低限やらなければいけないことを順番に覚えていきます。

初めての講座担当

障害がある方の就労支援をする会社で働き始めて約1ヶ月半が経過しました。昨日、初めて10人くらいを対象としたビジネスマナー講座の担当をさせて頂きました。

 

今回は二日前に突然担当を任されたのですが、渡された資料が簡易ですぐ終わりそうな内容だったため、自分で追加資料を作成して講座に臨みました。たまたま前日が休みだったので時間もあり、半日かけて作成しました。(14時から作り始めて22時頃完成)

 

今回の資料作りで意識したことは、僕の進行用原稿も兼ねて参加者の方と一緒にそのまま読み進めていける内容にしたことです。聴覚障害で声が聞こえない方がいること、発達障害の特性で言葉だけでは理解するのが難しい人がいるだろうということ、また口頭で話しただけでは絶対忘れてしまうということを考えて記録に残る資料を作成しました。

 

結果は約45分ほどで講座は終わり、進行も問題なく進めることができました。資料を一節音読したあと、自分用の資料にメモした小ネタや感想を話すという進め方をしましたが、無事に問題なく終えることができました。音読は昔から得意なので、吃音もほとんど出なかったです。

 

以前ブログにも書きましたが、昨年の言友会の例会担当をしたとき進行中に頭が真っ白になってしまったという経験から、今回はしっかり原稿を作ろうと考えて実践することが出来ました。言友会で失敗させて頂いたおかげで、本番で成功することが出来たのです。

 

自助会も就労支援の会社も、就労や人間関係に関して悩みを聞いたり、練習をしたり、知識を得られる場所という面で共通しているところはあります。利用者さんにも僕と同じような経験を通じて社会に出る力を身に付けて欲しいし、そういう場を支援者として作っていきたい。

 

2019年の年間目標

2019年の年間目標

①レポート6本提出

②スクーリング8回出席

ハーフマラソン2時間切る

④10kmマラソン50分切る

⑤開脚して頭を床につける

⑥空手の大会2回出場する

 

目標達成のための手段

①レポート6本提出

→最低でも2ヶ月に1本は提出する。まずは「毎日レポート作成画面を開く」という習慣をつける。参考文献は2週間しか借りられないので、必要最低限の部分だけ目を通す。

 

②スクーリング8回出席

→出勤日、空手の大会など他の行事とかぶらない限りは極力参加する。

 

ハーフマラソン2時間切る(空手シーズン終了後)

→前回は14Km辺りから脚が動かず失速した。出場2ヶ月前からゆっくりでいいので長距離(10km以上)を週1で走る。

 

④10kmマラソン50分切る(4月~10月)

→空手の稽古+HIITなどで持久力をつける。出場1ヶ月前から5分/kmのペースで走る練習をしておく。

 

⑤開脚して頭を床につける

→ストレッチは毎日必ず行う。4月の岐阜県大会までに肘、7月の愛知県大会までには頭がしっかり着くようにする。

 

⑥空手の大会2回出場する

→4月岐阜、7月愛知に出場する。稽古が満足いくほど出来なくても申し込みは必ず行う。

 

他にやりたいこと、身につけたい習慣など

  • 通勤中の電車では読書をする(主に小説)
  • 家計簿をつけて無駄遣いを減らす

→金額はおおまかにつける

  • 健康に良い食事を心掛ける
  • 読書で得た知識をブログにまとめる

→読みっぱなしにしない

  • 体重を60km以下に落とす

→4月の岐阜県大会60kmで申し込む

2018年の振り返り

年始に立てた目標と実績

ハーフマラソン出場→2回出場。

②空手の大会出場→✖️

③開脚で頭を床につける→✖️

④自転車で一泊二日の旅に行く→✖️

⑤自転車で知多半島一周する→✖️

⑥バイクで長野にキャンプ行く→✖️

⑦『路上に咲く花』弾き語り→✖️

⑧様々な挑戦・冒険をする→大学入学、吃音の世界大会参加、転職など。

 

大学の実績(4月~12月)

レポート→1/16本提出

スクーリング→4/14回出席

※1年時登録科目より

 

ランニングの実績

ランニング総距離327.1km(57回)

1回目ハーフ 2時間15分09秒

2回目ハーフ 2時間22分01秒

 

反省

①空手の大会出場、開脚未達成の原因

11月まで勤めた前職の出張が多かったため、空手の稽古に行けず、大会の申し込みも出来なかった。開脚ストレッチは自宅にいるときは毎日出来ていたが、出張に行くたびに途切れた。継続しては出張で途切れての繰り返しで、モチベーションの維持が難しかった。

→転職をして「毎日家に帰れる&毎週土日休み」になった。2019年は”必ず”達成する。

 

②自転車旅未達成の原因

いきなり長距離走るのはハードルが高い。先月紅葉を見るため片道30km走ったが、それで筋力的精神的に少しキツイくらいだった。無理せず少しずつ距離を伸ばしていく。

→2019年は総距離80kmを目標にする。

 

③バイク旅未達成の原因

準備はほぼ整っているが、いきなり長野は遠いということもあり行動に移せなかった。

→まずは犬山辺りで一泊二日のキャンプを経験する。

 

④弾き語り未達成の原因

学校、空手、仕事とマルチタスク状態なので新しくギターを始める余裕がなかった。学校を卒業して、空手もピークを過ぎて、新しいことを始める余裕が出てくるまで延期する。

→ギター弾けるようになりたいという憧れはある。もしいつか始めるときは、独学ではなく教室に通い本格的に習う。あるいは、合唱にも少しだけ興味がある。

 

⑤大学の反省

スクーリングはまずまず参加出来たが、レポートが全然進まなかった。参考文献を図書館で借りて、返却期限の2週間以内に書こうと思っても全く手をつけられなかった。しかし、文字数を埋めて内容がよほど的外れでは無ければ通ることが分かったので、良い文章を書くことに拘り過ぎず、完成させることを一番に考える。科目終了試験はどの設題が出ても答えられるように準備しておく。

例会の反省

毎年1回は吃音当事者会の例会を担当させて頂いてます。今回4度目の担当で、自信に関する心理学をテーマに例会を行いました。

 

始めにアイスブレイクとしてレクリエーションを行いました。絵を使ったしりとり、背中に貼られた生き物の名前をジェスチャーで伝える、口頭で紙に描かれた絵の特徴を説明して同じ絵を描いてもらうといった遊びをしました。約30分ほどで終わりましたが、皆さん楽しそうに交流出来ている様子でした。

 

次に手作りの資料を用いて自信に関するデータや心理学について説明しました。A4用紙1枚にちょうど収まり、図も多用されていて割と見やすくできていたと思います。文字が小さくて多少読みにくかったことと、色の問題で囲い線が消えてしまった部分があるので注意したいです。

 

今回の資料が完成したのが当日の昼頃で、進行の練習を出来なかったことが本番で苦しむことになりました。資料をどのように説明するか全く考えておらず、途中で頭が真っ白になり数分間沈黙に陥った時間が何度かありました。

 

とりあえず資料の内容を順番に読んでいったのですが、専門用語がいくつか出てきたのでそれを説明したり理解する時間を作ればよかったと反省しています。資料の半分以上を一気に読み上げてしまったので、もっと説明を細かく区切り「ここまでで何か質問はありますか」と尋ねられればよかった。

 

そして今回は「根拠なき自信」というのがテーマだったけど、なぜ「根拠なき自信」が必要かということを私があまり理解できていなかったために説明することが出来なかった。参加者の方々にも疑問を残したままになってしまいました。

 

専門用語(自己効力感など)に関する説明文も入れておけばよかった。口頭で説明するつもりでしたが、予想以上に吃音の症状が重かったのと頭が真っ白になっていたのでしっかり説明が出来ませんでした。そして、自己効力感を高める要素の例では吃音と絡めて説明すれば分かりやすかったかなと思います。あえて吃音の話はしないでおこうと考えたのが失敗でした。

 

最後は初参加の人もいたので吃音相談を含むフリートークの時間にしました。直前までの進行が上手くいかず落ち込んで消極的になっていましたが、他のベテラン参加者たちが援護してくれたおかげで無事にトークも弾み例会を終えることができました。

 

とはいえ、例会担当で報告文を書かないといけないにも関わらず自分のことで頭がいっぱいで他人の話を聞く余裕がありませんでした。他人の話を聞きながら進行も考えて...とマルチタスクになっていたのが原因の一つだと思います。あらかじめ段取りをしっかり考えておけば、話すときはしっかり話し、聞くときはしっかり聞くことができたと思います。

 

例会担当をするのはこれで4回目なので、資料さえ作ればあとは何とかなるだろうと楽観的に考えてしまっていたのも事実です。今回の件で自分の苦手なことを改めて確認できてよかったです。

 

次に例会担当するときの解決案

・皆に配る資料とは別に進行用台本を用意する

・専門的な知識を説明するときは動画を活用する

※パワーポイントに音声をつけて流すなど

 

その他

自己紹介は基本的に毎回すればよい。そして名前を必ずメモする。出来れば近況報告も。

例会のために使用した参考文献などがあれば資料に載せておく。リラックス出来るように音楽を例会の間流しておく。

 

昔は進行が上手く出来ないと「吃音の後遺症」「発達障害」と大きな概念で考えて自分を判断してしまうことが多かった。失敗を分析して原因を詳細に突き止めることで、1つずつ対処していきたい。もちろん原因は1つではないと思うから、仮説と検証を繰り返しながら自分のことを知り問題解決できる力を育みたい。

若いから挑戦できる?

先日、誕生日を迎えて27歳になった。若いのか、若くないのか、よくわからない年齢。アラサーと呼ばれる歳になってしまったことに自分でも驚いてしまう。

 

肉体的にも精神的にもまだまだ若いつもりで、挑戦したいことはたくさんある。来月から新しい職場で働くこともその一つ。製造業界から福祉業界への転身。経験は何一つ無く、給与もかなり下がる。周りの人達から「若いっていいね。新しいことに挑戦できて」とよく言われた。

 

「若いから挑戦できる」という言葉に、違和感を感じてしまう。裏を返せば「歳を取ると挑戦できなくなる」と言われている気がするから。

 

そう言いたくなる気持ちは理解できる。一般的に30代以降になると責任の重い仕事を任されたり、人によっては育児にも迫られ、新しいことをするための時間や精神的な余裕が無くなってくる。

例えば給与は安いけどやりがいのある仕事がしたいと考えても、それまでに築き上げた会社での立場や現在の生活を守るための収入を手放すことを考えれば、転職に踏み切れない人の気持ちはよくわかる。愛する妻と子供がいればなおさらだ。

 

ここまで書いて、ふと気付いた。最初に「若いから挑戦できる」と言ってきて違和感を覚えた人は40代で独身だった。ぼくはその人に対して「歳を取ったからではなく、”現状に満足している”から挑戦できないんでしょ」という感想が頭に浮かんだのだ。本人は深い意味なくいってるのかもしれないが、「この歳になると人生消化試合でワクワクすることは訪れない」と将来に対する不安な気持ちを起こさせられてると感じてしまうのだ。

 

昔は結婚して子供を作り、一軒家を建ててマイカーを所有することが幸せのゴールだと勘違いしていた。それを実現するためにも、20代前半までに定職に就いて貯金を始めなければいけないと思い込んでいた。今はそんなものに一切興味が無い。現状に満足せず、多くの人がしない挑戦をしていきたい。

 

※僕が40代になる頃には、落ち着いた生活を欲しているかもしれない。結局、そのときしたいことをすればいいだけの話である。

同じ空気を共有したい

盆休み前半は4日間に及ぶスクーリングを受けてきました。行く前は「4日間連続はキツイ」って思ってたけど、想像以上に授業が楽しくて最終日が来るのがとても寂しかった。

 

授業はレクリエーションワークという内容で、実際に自分達でレクリエーションを考えたり実践していました。例えば初日はすごろくを各グループごとに作りました。マス目には「前の人とアルプスいちまんじゃくをする」「尻文字で自分の名前を書く」「次の番が来るまで南無阿弥陀と唱える」など遊び心が満載でした(笑)自分じゃ絶対思いつかないな〜。

 

レクリエーションはどれも簡単で特別な道具が無くても出来るものばかりでした。初対面の人とすぐに打ち解けたり、楽しみながら運動や脳トレが出来たりするので吃音活動にも積極的に取り入れたらいいなと思った。

 

実は3日目の朝、今回のスクーリングがあまりにも楽しくて涙が出てきて、学校行く前に公園で一人泣いていました。皆と仲良くワイワイすることなんて今まで全然無かったから、数日前会ったばかりの人達とこんなにも笑って楽しい時間を過ごせるなんて思わなかった。

 

今回参加した学生10人は年齢が近い人ばかりで明るくノリも良く、授業中よく笑いが起きていました。僕は特に積極的に発言していません。それでも、皆と同じタイミングで笑って、話している人がいたら相槌を打って、それだけで楽しい空気を共有することが出来ました。昔は「自分も何か話さなければいけない」と思い込み、それでも話せないときは疎外感を感じていました。口下手なりの楽しみ方も出来るようになってきたなと感じています。

 

場を盛り上げるためのジョークやイェーイとかも苦手だと思い込んでいたけど、スクーリング中は皆の波に乗って少しはハジけることができました。本当に皆と仲良く楽しくしたいと思ったときは、人って変われるんだなと自分でも驚いています。

 

今でもスクーリングの余韻が残っていて、本当は僕もこうやって誰かと一緒にワイワイ楽しみたかったんだと気付くことができました。「自分は一人が向いている」と決めつけて、皆が仲間と楽しくしている時間を僕は自分磨きや一人旅などの時間に当てようと考えていました。確かに一人は楽だし好きなことができる。でも、それだけだといつまでたっても心の溝は埋まらないんですよね。

 

最近吃音関係の行事でフリートークの場面がよくある。自分にとって興味がない話題が出てきたときは完全にOFFになって、その輪から一歩下がってしまうことがある。興味のない話を聞いても理解できないし無駄だと考えていたけど、そういう話でさえ自分の気持ち次第で楽しむことが出来るんだと思います。もう冷めた目で傍観するのはやめよう。

 

では。